トップに戻る
Loading
やまがたの郷土料理

丸八さんの『お漬物・虎の巻』/食の案内人・新関芳則氏に教わる 山形の郷土料理

丸八やたら漬さんの『お漬物・虎の巻』をつくってみよう!  教えて下さるのは… (株)丸八やたら漬 亀岡稔製造部長


材料 (4本分)

  • 白菜 1個(2kg)
  • 人参(大) 1本(500g)
  • きゅうり 2本(200g)
  • 干菊 2枚 (食用菊を茹でたものでも代用可)
  • 合わせ酢 (水・酢・砂糖 各180ml、塩3g)

材料

下ごしらえ1.白菜は芯を抜いて、バラバラにして洗い、水気をきり、塩水(水2Lに塩100g)に2日漬け込む。
人参は皮をむき、5mmの棒上に切り、塩水(水500ccに塩25g)に1日漬け込む。 きゅうりは水洗いし、塩水(水200ccに10g)に1日漬け込む。 干菊は半分に切っておく。
2.巻きすを裏にして広げ、上部に干菊をおいて、下の方から白菜を交互に(茎と葉)敷き、二重に重ねたらきゅうり2/1と人参を芯にしてまいていく。
巻きすを裏にして広げ、上部に干菊をおいて、下の方から白菜を交互に(茎と葉)敷き二重に重ねたらきゅうり2/1と人参を芯にしてまいていく。
巻き上がったら昆布でしばり、合わせ酢に1日漬け込んで、できあがり。3.巻き上がったら昆布でしばり、合わせ酢に1日漬け込んで、できあがり。
野菜のシャキシャキ感と甘酢のバランスが絶妙です。  
見た目のインパクトがありますが、上品な一品ですよ。  

遠藤さんの感想

実際に巻いていく作業がとても難しく、なかなかうまく出来ずに一苦労でしたが、出来上がった時はとても嬉しかったです。見た目もとても華やかで、味も上品で、来客の際にぜひふるまいたい一品だと思いました。

 

株式会社 丸八やたら漬 山形のお漬処・やたら漬はふるさとの味と香りをお届けし、お食事処・香味庵まるはちは趣きある蔵座敷で地酒や季節の郷土料理、人気の漬物寿司が味わえます。 株式会社 丸八やたら漬
〒990-0047
山形市旅篭町2-1-5
Tel.023-634-4108
http://www.yatarazuke.com
 

footer