2020年1月アーカイブ

2020年1月27日

会員のみなさまへ 一般社団法人日本ファームステイ協会よりご案内

 

一般社団法人日本ファームステイ協会よりご案内
JPCSA通信 Vol.17

2020年1月27日発行

 

会員各位

一般社団法人日本ファームステイ協会事務局です。

いつも当会の活動にご理解頂き、誠にありがとうございます。

今回は下記の内容で、<農泊関連情報>、<JPCSA最新情報>、<賛助会員からのお知らせ>をお届け致します。

 

 観光庁「地域観光資源の多言語解説整備支援事業」の公募を開始

 観光庁 訪日外国人旅行者向けマナー啓発動画を作成

 イタリアのアグリツーリズモ勉強会開催!

 協会幹事会員の株式会社百戦錬磨よりお知らせです。

 一般社団法人全国農協観光協会主催「令和元年度自然・農林漁業体験におけるリスク
  マネジメント研修」のご案内

 一般社団法人全国農協観光協会主催「2019年度旅行サービス手配業務取扱管理者研修
  会」のご案内

 
 

 

 

<農泊関連情報>

 

 

 

観光庁「地域観光資源の多言語解説整備支援事業」の公募を開始
 観光庁では、訪日外国人にとって分かりやすく、魅力的な多言語解説文を作成するための支援を行っており、2020年度の公募が先日より始まりましたので、お知らせいたします。

【概要】

  募集期間:2020年1月17日(金)~2月21日(金)17時(必着)

  申請対象者:

  以下のいずれかを満たす個人・団体等で地域協議会を構成し申請

   ・観光資源を所有又は管理する個人・団体等

   ・多言語解説整備を行う地域の自治体、観光地域づくり法人(DMO)

   ・観光協会等旅行者の誘致に関して観光戦略の仕組み作り、実行が出来る

  支援内容:

  1地域あたり500~1,000万円分の解説文作成支援(250Wordの場合25~50解説文)

 

  こちらの公募に関する観光庁のページ:
  http://www.mlit.go.jp/kankocho/news05_000284.html

 

 

 

観光庁 訪日外国人旅行者向けマナー啓発動画を作成

 観光庁では、外国人が日本を旅行する際に、日本の文化やマナーを正しく理解し、より気持ちよく過ごしていただくために、各地で自由に活用できる『訪日外国人旅行者向けマナー啓発動画』を作成しました。

 私たちにとっての当り前も、外国人にとっては当たり前ではなく、伝えたいと思っても躊躇してしまうことも多いため、こちらを有効活用してみてはいかがでしょうか。

 こちらの動画に関する観光庁のページ:

 https://www.mlit.go.jp/kankocho/page08_000113.html

 

 

 
 
 

 

JPCSA最新情報>

 
 

 

イタリアのアグリツーリズモ勉強会開催!

 本会では、昨年11月より会員様を対象にイタリアの『アグリツーリズモ』『アルベルゴディフーゾ』を視察する研修を実施しておりますが、今回はこれらに関する勉強会を開催することとなりました。

 全3回開催し、各回『アグリツーリズモ』『アルベルゴディフーゾ』に関する研究の第一人者を講師にお迎えする予定となっております。

 第2回につきましては、まだ若干の空きがございますので、是非、この機会にご参加いただき、「農泊」の推進にお役立てください。

お申し込み状況につきましては、下記の詳細案内のページをご覧ください。

 

 

詳細案内のページ:https://jpcsa.org/press/at-200123.pdf

 
 

 

 

<賛助会員からのお知らせ>

 

 

 

協会幹事会員の株式会社百戦錬磨よりお知らせです。

 JPCSA通信Vol.16 12月号でご案内した、日本語と英語で発信する「地域の魅力特集記事」についてより詳細を教えて欲しい、といったお問合せをいただきました。そこで、今号では、PDFの詳細資料を添付させていただき、再度ご案内させていただきます。

 ご関心ありましたらご遠慮なく下記までご一報ください。

 

 【お問い合わせ先】

  ・株式会社 百戦錬磨 「STAY JAPAN記事広告」担当

  ・E-Mail : info@hyakuren.org

  ・TEL : 03-6206-9176

 

【ご案内】

 月間30万ページビューを誇る予約サイト STAY JAPAN で、あなたの地域の魅力を発信してみませんか?

 STAY JAPAN専属の外国人メディアチームが、あなたの地域を訪問し、魅力を発掘し、記事を作成し、そして情報発信をお手伝いします。ご興味のある方は是非お気軽にご相談ください。

 【特集記事の事例:徳島県美馬市】

  ・[英語] http://mag.stayjapan.com/lp/mimashi/

  ・[日本語] http://mag.stayjapan.com/ja/lp/mimashi/

 

 【私たちがお手伝いできること】

  ・外国人ライターによる取材、写真撮影

  ・記事ページ作成(最大1,000 words / 5,000文字) [英語/日本語]

  ・30万PVを誇るSTAY JAPAN トップページにおける特集掲載 [1か月分]

  ・5.5万人のSNSフォロワーや、2万人のメルマガ会員にも配信

 

 【費用】

  30万円~(※)

  サイト作成費用、記事作成費用がどうしても掛かってしまいますが、農泊に関心のある
  人が30万人毎月見ているサイトは他にございません。

  圧倒的なコストパフォーマンスなので、是非ご検討ください。

  (※交通費等は別途ご負担いただきます。)

 

 【お問い合わせ先(再掲)】

  ・株式会社 百戦錬磨 「STAY JAPAN記事広告」担当

  ・E-Mail : info@hyakuren.org

  ・TEL : 03-6206-9176

 

詳細案内のページ:https://jpcsa.org/press/sj-200123.pdf

 

 

 

一般社団法人全国農協観光協会主催「令和元年度自然・農林漁業体験におけるリスクマネジメント研修」のご案内

 このリスクマネジメント研修では、自然・農林漁業体験活動の受入れ協議会やイベント主催者側等が、野外活動に精通した弁護士やリスクマネジメントの専門家の講習及びワークショップを通じて、リスク対策を講じること、受入れ体制を構築することを目的とし、事前対策や安全についての意識改革や、リスク回避に関するより実践的かつ専門的な知識の習得をはじめ、安全管理マニュアルの作り方等について学びます。

 

 

詳細につきましては、同会ホームページにてご確認ください。

 

※1.自然・農林体験活動における研修会・セミナー

https://www.znk-kensyu.jp/risk/ 

 

※2.自然・農林体験活動における研修会・セミナー 開催情報

https://www.znk-kensyu.jp/risk/ichiran.html 

 

※3.詳細案内のチラシページ:

https://www.znk-kensyu.jp/risk/images/01chirashi.pdf

 

 

 

一般社団法人全国農協観光協会主催「2019年度旅行サービス手配業務取扱管理者研修会」のご案内

 2018(平成30)年1月4日の改正旅行業法施行により、いわゆるランドオペレーター(旅行サービス手配業)の業務を行うためには、各都道府県での登録を受けていることが必要となります。

 旅行サービス手配業の登録には、営業所ごとに旅行業務取扱管理者または新設された旅行サービス手配業務取扱管理者の選任が義務付けられており、選任された管理者は、取引条件の明確性、旅行に関するサービスの提供の確実性その他取引の公正、旅行の安全及び旅行者の利便を確保するために必要な事項についての管理・監督を行うことになります。

 農泊に取り組まれている会員の皆様におかれまして、まだ、登録がお済でない場合は、一般社団法人 全国農協観光協会主催の本研修会を受講し、研修後の修了テストにおいて一定以上の成績を修めることにより、旅行サービス手配業務取扱管理者の資格を取得することができます。研修では、旅行業務に関する法令、旅行業約款に関する知識および旅行サービス手配業務に関し必要な知識の取得並びに能力の向上を目指した講義を行います。

 

<東京>

 実施日:2020年2月18日(火)~2月19日(水)

 会場名:秋葉原Nツアービル 研修会議室(予定)

 定 員:25名

 

<大阪>

 実施日:2020年3月5日(木)~3月6日(金)

 会場名:ジーアールホテル江坂 会議室(予定)

 定 員:25名

 

※詳細につきましては、同会ホームページにてご確認ください。

 https://www.znk-kensyu.jp/tehai/

 

 

 
 
 

 

=============================

発行:一般社団法人日本ファームステイ協会事務局
〒101-0021 東京都千代田区外神田2-17-2
(TEL:03-3526-2493 / FAX:03-3526-2494 )
ホームページURLはこちら:https://jpcsa.org/
問い合わせ先E-mail:info@jpcsa.org
=============================

 
 
 
 
 

 

2020年1月10日

第4回 エスパル山形でハンドクリーム作り!

あかぎれの季節、手荒れやかかとのガサガサで悩んでいらっしゃいませんか。

安全な蜜蝋を使った肌にやさしいハンド&リップクリームを作ってみませんか。

ハチ蜜の森キャンドルでは、蜜蝋を使った楽しい体験を催しています。

ぜひ、参加してみてはいかがでしょうか。

 

詳しくはこちら ↓↓↓ 

ハチ蜜の森キャンドルホームページ

 

 

 

2020年1月 6日

一般社団法人日本ファームステイ協会よりご案内

一般社団法人日本ファームステイ協会よりご案内

JPCSA通信 新年号】 2020年1月6日発行

 

 

 

<新年のご挨拶>


 

 


一般社団法人日本ファームステイ協会
会長理事 平井 伸治

 

新年明けましておめでとうございます。

皆様におかれましては輝かしい新年をお迎えのことと、心よりお慶び申し上げますとともに、平素より当会の事業運営に格別のご高配、ご厚情を賜り、厚く御礼申し上げます。

また、農泊に取り組まれている地域の皆様や自治体の皆様、当会の活動に賛同いただいた多くの皆様に、ご入会頂きましたこと、心より感謝申し上げます。

昨年は、数多くの自然災害が日本各地を襲い、深刻な被害をもたらしました。被災された方々に心からお見舞いを申し上げます。当会といたしましても、微力ながら、事業を通して、被災された皆様を支援させていただく所存でございます。

 

 

昨年、当会は本格始動の年となり、1月に英国ファームステイ協会との技術協力合意書の締結、また、7月には8日間の日程で、当会役員による先進地イタリアの視察、さらには、この視察研修を受けて、農林水産省および農林水産政策研究所との共催による報告会や農林水産省後援による当会主催「日伊国際農泊シンポジウム」を開催し、アルベルゴ・ディフーゾを設計したジャンカルロ・ダッラーラ氏と「農山漁村の地域活性化をめざす相互協力」に関する共同宣言を行いました。その中でも、「ツーリズムEXPOジャパン2019大阪・関西」において、JAグループとして初めて農泊のブースを出展したJA全農様およびその支援企業である百戦錬磨様、農協観光様と協力して、これまでに培ってきた農泊支援のソリューションの展示をおこなう等「農泊」の推進に積極的に取り組みました。

 

熱戦が多くの方の記憶に刻まれた昨年のラグビーワールドカップ日本大会に続き、令和2年は東京2020オリンピック・パラリンピックが開催され、令和7年には関西大阪万博が予定されているなど、日本という国が海外から脚光を浴び訪日外国人数が右肩上がりに増加していく中、こうした新たな交流が、会員の皆様にとって大きな追い風となり、花開くことに更なる期待が高まっております。

 

当会は、賛助会員の皆様と共に、農泊に取り組む正会員・自治体会員の皆様への支援を拡充し、農泊の取り組みにより地方を元気にする活動を展開・充実させて参ります。特に、農泊品質の保証と底上げを目的とした「品質評価支援制度」を確立し、実践者の皆様の農泊品質の維持向上に向けた取組みを支援致します。また、実践者の皆様および地域を訪れる方々の安全安心に向けた農泊に関する保険制度の確立に注力致します。

 

令和2年が、農泊を推進する皆様にとって、更なる飛躍の年となるよう、微力ではありますが、当会の活動を加速させ、皆様のお役に立てるよう尽力する所存でございます。

最後になりますが、皆様のご発展とご健勝をご祈念申し上げ、年頭の挨拶とさせて頂きます。

本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

 さて、今回は下記の内容で、<JPCSA最新情報>、<賛助会員からのお知らせ>をお届け致します。

 「令和元年度東海地域農泊推進セミナー」の参加者を募集します。

 「岩手ファームステイシンポジウム」開催のご案内!

 一般社団法人全国農協観光協会主催「令和元年度自然・農林漁業体験におけるリスク
  マネジメント研修」のご案内

 
 

 

 

JPCSA最新情報>

 

 

 

「令和元年度東海地域農泊推進セミナー」の参加者を募集します。

 農林水産省は、日本ならではの伝統的な生活体験や農山漁村地域の人々との交流を楽しむ農山漁村滞在型旅行「農泊」を推進しています。

 東海農政局は、東海地域の農泊の取組が、ビジネスとして定着、発展していけるよう、ICTを活用した効果的な情報発信、増大するインバウンド需要への対応など、課題解決につなげていくためのセミナーを開催します。

  当会の関係者が、下記の内容で登壇いたします。是非、この機会にご参加いただき、「農泊」の推進にお役立てください。

 

 

 

日本ファームステイ協会
副会長理事 皆川 芳嗣

 
 

 

日本ファームステイ協会
デジタルマーケティング
戦略アドバイザー
陳内 裕樹

 
 

 

日本ファームステイ協会
代表理事 上山 康博

農泊推進に当たってのメッセージ

一般社団法人 日本ファームステイ協会 副会長理事 皆川 芳嗣(みながわ よしつぐ)

 

基調講演

農泊デジタルファースト宣言のすすめ

内閣府クールジャパン地域プロデューサー/観光庁アドバイザリーボードメンバー

陳内 裕樹(じんない ひろき)

 

デジタルマーケティングの第一歩、すぐにはじめたい予約サイトの活用

一般社団法人 日本ファームステイ協会 代表理事 上山 康博(かみやま やすひろ)

 

※詳細案内のページ:

 https://www.maff.go.jp/tokai/press/noson_keikaku/191223.html

 https://www.maff.go.jp/tokai/press/noson_keikaku/attach/pdf/191223-1.pdf

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

開催日時及び場所

日  時:令和2年1月29日(水曜日)13時30分から16時30分(開場13時00分)

場  所:名古屋銀行協会会館 会議室(201号室)

所 在 地:名古屋市中区丸の内2丁目4番2号

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

 

「岩手ファームステイシンポジウム」主催者(アウローラJ5)よりご案内!

 この度、農林水産省が進める農泊推進対策の一環として、岩手町にて「アウローラJ5」主催による「岩手ファームステイ(農山漁村地域に泊まる)シンポジウム」を開催する運びとなりました。

 国が推奨している農泊は、日本の若者や外国人観光客に田舎に泊まっていただいて、地域の方々との交流を楽しみ、地方を元気にする旅のスタイルです。地方の良さを感じていただくことで、地方は自分の地域の良さを再発見し、一方で移住定住者増、空き家活用や所得向上などに貢献しています。

 基調講演には、日本のファームステイ推奨者団体 一般社団法人 日本ファームステイ協会より、代表理事 上山 康博氏をお迎えします。

 さらに、身近な地域での取り組み実践例を学びながら、岩手でのこれからの農泊・民泊を考えます。

 「農泊・民泊ってなんだろう?自分でもできるかな?」と興味を持たれた方は、まずは第一歩、実践者の声を聞いてみませんか?

会場でお待ちしております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

日  時:2020年1月27日(月)14:00〜17:00

場  所:JR/IGRいわて沼宮内駅直結 プラザあい 1階ホール

タイトル:〜農泊ビジネスで変わる地方の暮らし〜

     民泊・農泊を活用し、地域の活性化を創る

申し込み:https://auroraj5.com/symposium2020

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

 
 

 
 

 — プログラム —

<第1部>

基調講演

一般社団法人 日本ファームステイ協会 代表理事 上山 康博

 プロフィール

株式会社百戦錬磨 代表取締役社長、歴史的資源を活用した専門家会議 構成員、首都大学東京 非常勤講師

KLab株式会社取締役事業本部長を経て2007年、楽天トラベル執行役員に就任。数々の先進事業を開発、新規サービスの立ち上げに従事したのち、楽天トラベルを退職。

2012年 株式会社百戦錬磨を設立し、同社代表取締役社長に就任。百戦錬磨社は、国が進める農泊・民泊を推奨するパイオニア企業として、日本の田舎を元気にする仕組みづくりを実践している。

現在は日本ファームステイ協会 代表理事、歴史的資源を活用した専門家会議 構成員、首都大学東京 非常勤講師に就任。 

 

<第2部>

パネルディスカッション

テーマ:岩手県での農泊ビジネスの現状とこれからを考える

ファシリテーター

上山康博

パネリスト(実践地域より)

松本 数馬 氏(一関市 一般社団法人 世界遺産平泉・一関DMO代表理事)

菊池 新一 氏 (遠野市 NPO法人 遠野山・里・暮らしネットワーク会長)

菊池 一弘 氏(久慈市 一般社団法人 久慈市ふるさと体験学習協会)

柴田 和子 氏(岩手町 アウローラJ5 会長)

 

—交流会のご案内—

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

開始時間:17:30

会  費:3000円

申し込み締め切り:1/25(金)

主  催:アウローラJ5 ※

共  催:一般社団法人日本ファームステイ協会

後  援:岩手町

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

※主催団体「アウローラJ5」について

事務局所在地:岩手町沼宮内 7 - 21(ひょうえもん内)  

お問い合わせ先:080 - 1814 - 7597(事務局 大坊)

名称は、イタリア語で、「アウローラ」=希望の夜明けの星、”J”=Japan, Junction, “5"= 発足時のメンバー人数を意味する。

東北新幹線の停車駅を擁する立地を最大限に活用。町の産業、歴史・文化、芸術を体感できる岩手町の魅力を、新しい視点で発掘してまいります。

そして、体験 × 民泊 × 地域産品で町=日本の宝として、世界に発信していきます。

<参考>

農泊とは「地域を周遊する農山漁村滞在型旅行」です。

農泊とは、農山漁村において日本ならではの伝統的な生活体験や地元の人々との交流を楽しむことができる農山漁村滞在型旅行のことを指します。

 

 

 
 
 

 

<賛助会員からのお知らせ>

 
 

 一般社団法人全国農協観光協会主催「令和元年度自然・農林漁業体験におけるリスクマネジメント研修」のご案内

 このリスクマネジメント研修では、自然・農林漁業体験活動の受入れ協議会やイベント主催者側等が、野外活動に精通した弁護士やリスクマネジメントの専門家の講習及びワークショップを通じて、リスク対策を講じること、受入れ体制を構築することを目的とし、事前対策や安全についての意識改革や、リスク回避に関するより実践的かつ専門的な知識の習得をはじめ、安全管理マニュアルの作り方等について学びます。

 

 

詳細につきましては、同会ホームページにてご確認ください。

 

※1.自然・農林体験活動における研修会・セミナー

 https://www.znk-kensyu.jp/risk/ 

 

※2.自然・農林体験活動における研修会・セミナー 開催情報

 https://www.znk-kensyu.jp/risk/ichiran.html 

 

※3.詳細案内のチラシページ:

 https://www.znk-kensyu.jp/risk/images/01chirashi.pdf

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

当会では随時会員を募集しております。

皆様の周りに農泊に取組中、またはご関心をお持ちの方がいらっしゃいましたら、当会をご紹介いただけますと幸いです。

ご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

また、こちらのメールマガジン上で、会員様が実施されます農泊関連イベントや研修の告知を承ります。掲載のご希望がございましたら、送信希望月の1カ月前までに下記E-mailへご連絡をお願い致します。受信後、当会担当者よりご連絡をさせていただきます。

=============================

発行:一般社団法人日本ファームステイ協会事務局

〒101-0021 東京都千代田区外神田2-17-2

(TEL:03-3526-2493 / FAX:03-3526-2494 )

ホームページURLはこちら:https://jpcsa.org/

問い合わせ先E-mail:info@jpcsa.org

=============================

 
 

本メールは info@jpcsa.org よりgt-yamagata@festa.ocn.ne.jp 宛に送信しております。
2-17-2 3F, 千代田区外神田, 東京都 101-0021, Japan

全てのメーリングリストから配信を停止する。配信停止 | 登録情報更新 | このメールを転送する | 迷惑メールと報告する

 
 
 

 

「こめやかたゲストハウス」が"山形日和"ホームページで紹介されました!

このたび、「農家のお宿の会」のメンバーでもある「こめやかたゲストハウス」の動画が「わたしの山形日和」ホームページにおいて公開されました。

「わたしの山形日和」は県内の魅力を発信するサイトで、こめやかたの坂井 奈緒 さんのいきいきとした姿を紹介しています。

ぜひご覧ください!

◆「わたしの山形日和。」ホームページ「こめやかたゲストハウス

2020.1.06.jpg

 

 

 

このアーカイブについて

このページには、2020年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2019年12月です。

次のアーカイブは2020年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。